子どもの外出制限「一部緩和」へ スペイン、非常事態宣言は延長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 ほとんど人けのないマドリードの市街地=18日(ゲッティ=共同)

 【パリ共同】スペインのサンチェス首相は18日、記者会見し、新型コロナウイルスの感染拡大阻止のため、3月14日に宣言した非常事態を5月9日まで改めて延長する方針を明らかにした。子どもに関しては4月27日から外出制限を一部緩和する考えを示した。

 政府は非常事態宣言に基づき、在宅勤務ができない場合の通勤や生活必需品の買い物などを除き外出を原則禁止する措置を適用している。現在の期限は26日だった。

 新型ウイルスによる国内の死者は18日、2万人を超えたが、感染拡大の勢いは弱まりつつあり、サンチェス氏は国民の努力を称賛した。ただ「成果は不十分でもろい」とも述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事