新型コロナ死者、世界16万人超 感染者は230万人上回る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 18日、米ニューヨークの街中を歩く市民ら(AP=共同)

 【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症による死者が19日、世界全体で16万人を超えた。死者の9割近くが集中する欧米を中心に被害拡大が続いている。感染者は230万人を上回っている。

 死者は3月20日に1万人を上回って以降、4月2日に5万人、10日に10万人を超え、増加ペースが急加速。14日に12万人を上回ってからは連日、1万人以上が上積みされ、17日には15万人を超えていた。

 世界保健機関(WHO)の18日付状況報告によると、死者の67%は欧州地域事務所管内に集中。死者数が最多の米国は一国で21%を占めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事