コロナ、二つの薬併用で効果か 国立研究所が細胞実験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 新型コロナウイルスの構造を調べる産業技術総合研究所の広川貴次・上級主任研究員=21日、東京都江東区(同研究所提供)

 新型コロナウイルス感染症に、抗エイズウイルス(HIV)薬ネルフィナビルと白血球減少症治療薬セファランチンの併用が効く可能性があるとの研究結果を、国立感染症研究所や産業技術総合研究所などのチームがまとめたことが21日、分かった。細胞を使った実験やコンピューターによる解析で確かめた。

 ウイルスの細胞への侵入と、増殖を防ぐ働きがあるとみられる。既存の薬だが、実際の新型コロナ患者に投与した場合の効果や、二つの薬剤を組み合わせた際の副作用は現段階で不明。チームの広川貴次・産総研上級主任研究員(計算創薬)は「新型コロナ感染症への応用を期待している」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事