WHO、緊急事態宣言を継続 緊急委の勧告受け、事務局長決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ジュネーブ共同】新型コロナウイルス感染症を巡る世界保健機関(WHO)の緊急委員会のフサン委員長は1日、最高度の警戒を呼び掛ける緊急事態宣言の継続を勧告したと明らかにした。テドロス事務局長はこれを受け、継続を決定した。

 WHOは1月30日、各国に最高度の警戒を呼び掛ける「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言。2月28日に地域別の危険性評価で、それまで中国だけだった「非常に高い」を世界全体に広げ、世界的な流行を認定。テドロス氏は3月11日に、事態をパンデミック(世界的大流行)と形容した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事