米クルードラゴンが宇宙基地離脱 飛行士2人地球帰還へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 1日、地球帰還に向け国際宇宙ステーションを離脱する新型宇宙船クルードラゴン(NASA提供・AP=共同)

 【ワシントン共同】米企業スペースXの新型宇宙船クルードラゴンが1日午後(日本時間2日午前)、米航空宇宙局(NASA)の飛行士2人を乗せ国際宇宙ステーションを離脱した。2日午後(同3日午前)に米南部フロリダ州沖のメキシコ湾に着水、地球に帰還する。

 NASAなどが発表した。着水の候補地は同州ペンサコラ沖。気象状況によって場所や日程は変わる可能性がある。着水後、機体は同社の船に引き上げられる。

 クルードラゴンは退役したスペースシャトルに代わる宇宙船として、5月30日に米国から9年ぶりに人を乗せて打ち上げられた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事