国立公園でドローン飛行を規制へ 環境省、野生動物への餌付けも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 環境省は、利用客の迷惑行為により国立公園の利用環境が悪化しているとして、小型無人機ドローンの飛行や野生動物への餌付けなどを規制する方向で検討を始めた。8月下旬、中央環境審議会に具体策の議論を諮問。年内にも取りまとめ、次期通常国会への自然公園法改正案提出を目指す。

 近年、各地の国立公園では、ドローンによる騒音のほか、餌付けされた動物が人慣れするといった問題が深刻化。現行法はいずれも明確な規制がなく、法律に基づく命令を含めた対策を検討する必要があると判断した。

 国立公園を巡っては、トレイルランニング大会やマウンテンバイクで登山道が荒れるなども相次いでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事