サメから世界2例目の甲殻類死骸 北大博物館に保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 標本のサメから見つかった「オオウオノエ」(川西亮太氏提供)

 魚のえらや体表などに寄生する甲殻類「ウオノエ」のうち、これまで世界で1例しか確認されていない種の死骸が、北海道大総合博物館に保存されていたサメの標本の口から見つかったことが26日までに分かった。北大大学院地球環境科学研究院の川西亮太特任助教(水域生態学)らが17日、日本動物分類学会が発行する国際誌(電子版)で発表した。

 川西特任助教らは、ほかの種のウオノエが約3~4cmであるのに比べ、今回は約6cmと大きいことから和名を「オオウオノエ」と付けた。

 1例目はブラジル南部の大西洋でツノザメ類の口の中から見つかり、1981年に新種として報告された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
全国ニュース > 科学・医療の記事
 新型コロナウイルス感染症の患者が増え続け、「民間救急」の現場が切迫している。保健所の要請を受け、患者を病院などへ搬送する東京都日野市の「民間救急フィール」の搬送件数は、うなぎ上り。昨年12月、180件超だったが、今月は17日までに150件を超えた。軽症のはずが自宅に着くと重症化していた深刻なケースも。専用車3台は連日フル稼働。同社の斉藤学代表(37)は「これ以上の要請は、断らざるをえない状況になっている」と防護服姿で訴えた=18日
新着記事