英国、1500万人超に接種 コロナワクチン、人口の2割超
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ロンドン共同】英政府は14日、国内で人口の2割超に当たる1500万人超が新型コロナウイルス感染症のワクチンを少なくとも1回接種したと発表した。ジョンソン首相はツイッターに「驚くべき偉業」と投稿、医療従事者やワクチン製造工場の従業員など、接種を可能にした人々や接種を受けた国民に感謝を述べた。

 死者数が欧州最多の英国は昨年12月、日米欧で初めてワクチンの接種を開始。感染した場合に重症化するリスクが高い70歳以上の全ての高齢者らに、1回目の接種を今月半ばまでに打診するとの目標を設定していた。今後は5月までに50歳以上、秋までに全成人への接種を目指す方針。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事