6都府県でコロナ転院支援補助金 回復患者の受け入れ先に独自策
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 自治体の主な取り組み内容

 新型コロナウイルスの感染拡大で緊急事態宣言が延長された10都府県のうち、東京や大阪など6都府県で、症状が回復した患者の転院先となる医療機関への補助制度を創設したか、創設する方針であることが20日、共同通信調査で分かった。

 調査は今月上旬、10都府県と域内の都府県庁所在地、政令市の計14市区に実施した。

 東京、愛知、大阪、兵庫の4都府県は患者1人につき10万~20万円を支給し、神奈川県は確保病床1床につき10万円を補助。岐阜県は病床を空けていても入院しない場合に1床で1日1万円を補償する。市区では千葉市が協力金を出していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事