ワクチン接種後、副反応疑い2例 初報告、じんましんと悪寒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 厚生労働省(中央合同庁舎第5号館)=東京都千代田区

 厚生労働省は20日、新型コロナウイルスのワクチン接種後に、副反応の疑いがある報告が2例あったと発表した。内訳はじんましん1件、悪寒1件。副反応疑いの報告は初めて。じんましんの1件は、首相官邸がワクチン専用ツイッターで発表した富山労災病院(富山県魚津市)で19日に接種した際の事例と同一とみられる。

 厚労省の審議会で、因果関係等を科学的に評価するとしている。

 富山労災病院によると、接種後にじんましんが発生したが、すぐに消えたという。症状が出た人の職業や年齢は答えられないとしている。厚労省は事例があった都道府県を明らかにしていない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事