4都県の「医療提供体制厳しい」 コロナ専門家組織が分析
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者会見する専門家組織の脇田隆字座長(右)=3日午後、東京都千代田区

 厚生労働省に新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織は3日、緊急事態宣言の対象地域となっている埼玉と千葉、東京、神奈川の4都県について「新規感染者の減少スピードが鈍化し、病床使用率の高い地域があるなど、医療提供体制が厳しい」との分析結果をまとめた。

 政府の分科会が示す感染状況の指標の一つ「全入院者に対する確保想定病床の使用率」は、4都県全てでステージ3(感染急増)の基準「20%以上」を超え、新型コロナ患者用の病床確保が十分対応できていないという。

 専門家組織の脇田隆字座長は「リバウンドを起こさず、減少傾向を続けることが重要だ」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事