米英、気候変動で連携強化 特使、日本などに対処要求
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ロンドン共同】訪英中の米国のケリー大統領特使(気候変動問題担当)は8日、ジョンソン首相ら英国の政権幹部と相次いで会談し、気候変動対策での連携強化を確認した。ケリー氏は会談後の英BBC放送の取材に、日本を含む温室効果ガスの主要排出国に対して早急な対処を要求した。

 英国は11月に開かれる国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)で議長国を務め、米政権も4月に主要排出国の首脳らによる会合を開く。ケリー氏は10日までにブリュッセルとパリも訪れ、欧州連合(EU)や欧州主要国との調整を本格化させる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事