大阪の新規感染262人1人死亡 直近1週間で1・5倍、拡大加速
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大阪府は24日、新型コロナに感染していた70代女性の死亡と、262人の感染を発表した。1日の感染者数が200人を超えるのは緊急事態宣言が発令されていた2月5日以来。新たに20~80代の男女11人が重症となり、入院中の重症者は61人、重症病床使用率は27・2%となった。

 直近1週間の新規感染者は計1076人で、前週の1・5倍。横ばいから1・2倍程度だった今月前半から、感染拡大のペースが上がっている。

 府は月末を期限として大阪市の飲食店に午後9時までの時短営業を要請している。

 1週間の陽性率は1・8%。感染者は4万9682人、死者は1170人になった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事