日本は30年50%削減目標を 温室ガスで米英が働き掛け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本政府が検討している2030年の温室効果ガスの排出削減目標に関し、米国や英国が現行の26%減から50%減に引き上げるよう、働き掛けを強めていることが14日分かった。米英の複数の交渉関係者が明らかにした。米国が主催する22、23日の気候変動に関する首脳会合(気候変動サミット)での表明を求めており、45%減を軸に国内調整を進める日本政府は、対応に苦慮している。

 米報道は、バイデン政権は30年に05年比50%減を検討中と報じた。米国の交渉関係者によると、最大の排出国である中国の取り組み強化を促す上でも、同水準の削減目標を掲げるべきだと日本側に伝えたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事