原発処理水放出、風評被害を賠償 東電社長、地域や業種限定せず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京電力の小早川智明社長との面会後、記者の質問に答える福島県の内堀雅雄知事=16日午後、福島県庁

 東京電力の小早川智明社長は16日、政府が福島第1原発処理水の海洋放出を決めたことを受けて福島県庁で内堀雅雄知事と面会し、風評被害が出た場合は「責任を持って対応していく」と述べ、期間や地域、業種を限定せずに賠償する方針を伝えた。

 内堀氏は「漁業者などは大きな不安を抱えている。東電自身が信頼を再構築して、しっかり取り組んでほしい。損害が続く限り、最後まで賠償してほしい」と応じた。

 小早川氏は同日に福島市内で記者会見し、海洋放出に向けた同社の対応方針を説明する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事