大阪で274人感染、14人死亡 300人未満は3月29日以来
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大阪府は23日、新型コロナウイルスに274人が感染し、50~90代の男女14人が死亡したと発表した。新規感染者数が300人を下回るのは3月29日以来。

 府によると新たに8人が重症となり、入院中の重症者は337人になった。府が確保した重症病床348床を下回っているが、うち29人は中等症患者受け入れ病院で治療を受けており、医療提供体制の逼迫が続く。

 羽曳野市の高齢者施設などで新たにクラスター(感染者集団)が確認され、感染者数は累計9万7738人、死者は2128人となった。1週間の陽性率は3・4%。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事