海外勢感染、1日7・7人と試算 五輪期間中、東京都が公表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 東京都は11日、東京五輪の期間中に海外から訪れる選手や関係者のうち、1日当たり7・7人の新型コロナウイルス感染者が確認され、最大で入院患者が11・7人、宿泊療養者が57・6人ほどになるとの試算を公表した。5月上旬に海外選手を招いて開催した4回のテスト大会を参考に算出した。

 都などによると、テスト大会に参加した選手ら約700人のうち、陽性となったのはコーチ1人だったのを基に感染者が出る割合を0・2%と仮定。五輪期間中は154人程度が感染すると見込む。

 さらに、過去の大会で選手らの滞在期間が約20日とするデータから1日当たりの感染者を7・7人と計算した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事