アジア、中南米にワクチン提供へ バイデン米政権、5500万回分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】バイデン米政権は21日、国外に月末までに提供する計8千万回分の新型コロナワクチンのうち、第2弾となる5500万回分を、第1弾と同様に台湾を含むアジアや中南米、アフリカを中心に割り当てると発表した。日本は含まれていない。第1弾の2500万回分は既に発送が始まったと説明した。

 バイデン政権は今月10日、これとは別に、英国で開かれた先進7カ国首脳会議(G7サミット)に合わせて計5億回分の途上国などへの提供を表明している。米政権は見返りを求めない立場を強調し、台湾との断交などを要求しているとされる中国を意識したワクチン外交を本格化させている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事