FDA、コロナ治療にリウマチ薬 米で入院患者に、日本開発
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は24日、新型コロナウイルス感染症の入院患者向け治療薬として、岸本忠三大阪大特任教授(免疫学)と中外製薬が共同開発した関節リウマチ薬「アクテムラ」の緊急使用を許可した。酸素補給を受けている2歳以上の入院患者が対象で、ステロイド系抗炎症薬と併用するなどの条件がある。

 アクテムラは炎症を抑える働きがあり、関節リウマチをはじめとした病気の治療薬として各国で承認されている。新型コロナを巡る臨床試験でも、重症入院患者の死亡率を下げたり、入院期間が短くなったりしたとの結果が得られていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事