ワクチンの入国条件化反対 公平供給ない現状でWHO
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)で緊急事態対応を統括するライアン氏は25日、新型コロナウイルスのワクチン接種証明が入国条件として義務化される動きについて、ワクチンが全世界に公平に供給されるに至っていない現在の状況下では、反対する姿勢を示した。

 黄熱病の流行地域ではワクチン接種証明の提示が入国条件となっている国もあるが、ライアン氏は「だれもが適切な価格でワクチンを入手できるという前提があってこその措置だ」と指摘。新型コロナワクチンは供給不足から特に発展途上国での接種が進んでおらず、「二重の不公平を生み出すことになる」と強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事