大会関係者、療養施設出て診療所 コロナ陽性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は30日、新型コロナウイルスの陽性が確認された大会関係者が、宿泊療養中のホテルに車を呼び、改めて検査を受けるために診療所に行ったことを明らかにした。診療所に行ったのはボート競技の関係者とみられるが、組織委、競技団体側ともに詳細を明らかにしていない。

 組織委は「大会関係者の行為で施設管理者と保健所に迷惑を掛け、おわびする」とのコメントを公表した。

 新型コロナ対策の規則集「プレーブック」に違反するかどうかについては「陽性確定の人が再度検査を受けることは想定されていない」とし、規則の想定外だったとの認識を示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事