東京で新たに4227人感染 入院・重症最多、死亡は18人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 東京・渋谷のスクランブル交差点を行き交う人たち

 東京都は27日、新型コロナウイルスの感染者が新たに4227人報告されたと発表した。前日と比べ、入院患者は70人増の4226人、うち重症者は18人増の294人でいずれも過去最多。30代や40代を含む18人の死亡も確認された。

 死者のうち、体調不良を訴えて救急搬送後に陽性と判明した人が5人いた。40代と80代の男性各1人はワクチンを2回接種後に陽性となる「ブレークスルー感染」で死亡。

 直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は4184・6人に減少し、前週比は88・6%となった。年代別では20代が1208人で最多。65歳以上の高齢者は204人だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事