対象者8割分のワクチン確保済み 行革相「十分な量」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 記者団の取材に応じる河野行革相(右端)=6日午後、東京都千代田区

 河野太郎行政改革担当相は6日、新型コロナウイルスワクチンを巡り、既に接種を終えた米モデルナ製と、接種済み分に配送完了や配送予定を加えた米ファイザー製の総数が約1億8560万回分に上り、12歳以上の対象者の2回接種分の8割を超えたと明らかにした。

 東京都内で記者団に「十分な量だ。ワクチンが行き渡るよう、都道府県に調整をお願いしたい」と述べた。

 10~12月に計2千万回分が届くとしていたファイザー製を巡っては「全て10月中に輸入が完了する」と前倒しを明言。都道府県に確認した接種率の見込みが全国平均で88%に達したとも説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事