国産ロケット初の打ち上げ、韓国 全長47m、3段式の「ヌリ号」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 韓国・高興の羅老宇宙センターから打ち上げられる韓国の国産ロケット「ヌリ号」=21日(韓国取材団・共同)

 【ソウル共同】韓国が独自開発した国産ロケット「ヌリ号」が21日、南西部全羅南道・高興の羅老宇宙センターから初めて打ち上げられた。韓国政府によると、成功すれば日米などと並んで重量1トン以上の実用衛星を自力で打ち上げられる世界で7番目の国となる。

 ヌリ号は全長47・2m、総重量200トンの3段式で、液体燃料を使用。1・5トン級の重量の実用衛星を低軌道に投入する能力を有する。2010年3月に開発が始まり、政府機関の韓国航空宇宙研究院や民間企業300社以上が参加してきた。

 ヌリ号はロシアの技術協力を得て開発された「ナロ号」の後継事業。韓国の技術だけで開発された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事