米のワクチン追加接種、3種に 効果回復へ、別製品も選択可
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ワシントン共同】米疾病対策センターは21日、モデルナ製とジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製新型コロナウイルスワクチンについて、次第に低下する効果を回復させるための追加接種を推奨すると発表した。先行したファイザー製と合わせ、米国で使われるワクチン全3種類で追加接種が行われる。最初に打ったのと別の製品も選べる。

 モデルナ製はファイザー製と同じく、65歳以上の人と、18歳以上で重症化リスクがあるか、医療関係者などウイルスにさらされる環境にある人らが対象で、2回目から6カ月以降に追加する。1回接種が基本のJ&J製は18歳以上で、2カ月以降を対象とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事