原発敷地内での処分検討を 低レベル廃棄物で更田氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 高速増殖原型炉もんじゅの周辺自治体関係者と意見交換する原子力規制委員会の更田豊志委員長=30日午後、福井県敦賀市

 原子力規制委員会の更田豊志委員長は30日、原発の施設を解体、撤去する廃炉作業で生じる低レベル放射性廃棄物の一部について、電力会社は、施設がある敷地内での処分も検討すべきだとの考えを示した。廃炉となった日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)を視察し、自治体関係者との意見交換後、記者団の質問に答えた。

 更田氏は、廃炉となった原発が増えていることを念頭に、低レベル放射性廃棄物のうち比較的、放射線量の低い廃棄物の処分地について「早く結論を得なければ廃炉が滞る」と言及した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事