プラごみ対策、中環審に諮問 来年3月までに意見
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中川雅治環境相は13日、海洋汚染などで国際的に関心が高まるプラスチックごみ対策を中央環境審議会に諮問した。政府は来年6月に大阪市で開く20カ国・地域(G20)首脳会合までに具体策や数値目標を盛り込んだ「プラスチック資源循環戦略」を取りまとめる方針。使用量削減や効率的な再利用、環境に優しい新素材の普及策について、来年3月までに中環審の意見を求める。

 中川氏は記者会見で「海洋汚染問題を解決するため、世界のプラスチックごみ対策をリードしていきたい」と強調した。

 循環戦略の策定は、6月に閣議決定した国の循環型社会形成推進基本計画に盛り込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事