NASA、月面の氷を初観測 有人探査に勢いも
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 月の南極(左)と北極に確認された氷の位置(青色部)(NASA提供)

 米航空宇宙局(NASA)は22日までに、月の南極と北極に氷があるのを観測したと発表した。これまでも、月表面に水が氷の状態で存在する可能性は指摘されていたが、直接確認することができたのは初めて。

 月の氷は月面基地で用いる水だけでなく、ロケットの水素燃料などの原料となる可能性もある。米国が中心となって進める新たな有人月面探査に勢いがつきそうだ。

 NASAや米ハワイ大などのチームは今回、インドが2008年に打ち上げた月探査機「チャンドラヤーン1号」で観測した月表面のデータを分析。氷は南極付近のクレーターに集中し、北極付近では広い範囲にまばらに散らばっていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事