新生児がMRSA感染 愛知医大病院、1人発症
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 愛知医大病院(愛知県長久手市)は28日、新生児集中治療室(NICU)に入院していた0歳児からメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)が検出され、発熱などの症状を発症したと発表した。重症だという。他にも入院していた0歳児6人が保菌状態で、うち2人は既に退院した。病院は院内感染したとみて保健所に報告し、感染源や経路を調べている。

 病院によると、発症した0歳児は4日、NICUに入院していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事