妙高戸隠で入域料実験 国立公園の保護充実
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 環境省は3日、妙高戸隠連山国立公園(新潟、長野)で、妙高山や火打山の登山者に1人500円の寄付を依頼する社会実験を始めると発表した。入域料の導入により、登山道管理や絶滅の恐れがあるライチョウの保護を充実させる狙い。

 実施期間は10月1~21日の午前5時~午後5時。笹ケ峰、燕温泉、新赤倉の三つの登山口(いずれも新潟県妙高市)に係員や募金箱を配置し、協力を求める。

 入域料への賛否や支払ってもいいと思う金額、使途の希望、自然環境や登山道の感想などについて、下山時にアンケートを実施する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事