伊方原発3号機が再稼働 愛媛、昨年10月以来
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 四国電力伊方原発3号機=愛媛県伊方町

 四国電力は27日未明、伊方原発3号機(愛媛県伊方町、出力89万キロワット)を再稼働させた。昨年10月から定期検査に入り、同12月の広島高裁の運転差し止め仮処分決定により停止が続いたが、今年9月の同高裁異議審決定で再稼働が認められた。今月30日に発送電を始め、11月28日に営業運転に移る見通し。稼働中の原発は関西電力高浜4号機、九州電力川内1、2号機など計8基となった。

 伊方3号機は佐田岬半島の付け根にあり、重大事故の際、約4500人が孤立する可能性があるほか、近くには活断層「中央構造線断層帯」が通る。避難計画の充実や地震対策が今後も大きな課題となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事