伊方3号機再稼働、臨界へ 愛媛、30日に発送電開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 再稼働した伊方原発3号機(右)=27日午前、愛媛県伊方町
 再稼働した伊方原発3号機(右)=27日午前、愛媛県伊方町 3号機が再稼働した四国電力伊方原発(左奥)のゲート前で抗議活動をする人たち=27日午前、愛媛県伊方町

 四国電力は27日未明、伊方原発3号機(愛媛県伊方町、出力89万キロワット)を再稼働させ、原子炉内で核分裂反応が安定的に持続する「臨界」に向け作業を進めた。順調に進めば臨界に達するのは27日夜。30日に発電と送電を始め、11月28日に営業運転に移る見通し。稼働中の原発は関西電力高浜4号機、九州電力川内1、2号機など全国で計8基となった。

 27日午前0時半、燃料の核分裂を抑えていた制御棒を引き抜き、原子炉を起動させた。臨界に達した後は、蒸気でタービンを回して発送電を開始する。出力を徐々に上げて調整運転を続け、原子力規制委員会の最終検査を経て営業運転に移る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事