血糖値測定レンズの開発「停止」 グーグル系医療関連会社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 【ニューヨーク共同】米グーグルの持ち株会社アルファベット傘下の医療関連会社、ベリリー・ライフ・サイエンスは16日、血糖値を常時測定できるコンタクトレンズの開発停止を決めたと発表した。糖尿病の患者向けに2014年から研究開発を続けていたが、早期の実用化は難しいと判断した。

 コンタクトレンズに付いているセンサーが涙の成分を測定し、携帯端末に送信する仕組みを想定していたが、ベリリーは、涙からブドウ糖を正確に測定するのは難しく、医療器具で求められる水準に達しなかったと説明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事