博多金塊窃盗、実行役に実刑判決 懲役7年、5年6月
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 福岡市のJR博多駅近くで2016年、警察官を装い、約7億5千万円相当の金塊約160キロを盗んだとして、窃盗罪に問われた実行役3人の判決で、福岡地裁(平塚浩司裁判長)は21日、工員白石智則被告(36)に懲役7年(求刑懲役9年)、会社役員白根敬大被告(28)と会社員内田拓海被告(26)にそれぞれ懲役5年6月(求刑懲役8年)を言い渡した。

 弁護側は「金塊持ち去りについて被害者側と合意があった」とし、無罪を主張していた。

 判決理由で平塚裁判長は、被害者をだますため警察官を装い、犯行後に車で逃走した点を挙げ、合意はなかったと認定した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事