小4女児死亡、検証委が初会合 児相対応など調査、千葉県
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件で、県柏児童相談所の対応などを調査する県の検証委員会の初会合が21日、県庁で開かれた。再発防止に向け、児相による一時保護や保護解除後の対応、市や学校など関係機関との連携を中心に検証を進める。

 冒頭で参加者全員が黙とうし、その後は非公開となった。検証委は学識経験者や弁護士、医療関係者ら8人で構成。委員長は児童虐待問題の専門家養成に取り組む「子どもの虹情報研修センター」(横浜市)の川崎二三彦センター長が務める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事