66歳女、1千万円横領の疑い 国際ロマンス詐欺か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 勤務先の医療法人から現金約1千万円を横領したとして、愛知県警は21日までに、業務上横領の疑いで、同県日進市、無職小崎啓子容疑者(66)を逮捕した。捜査関係者によると、「会員制交流サイト(SNS)で知り合った外国人の恋人を助けたかった」と容疑を認めている。

 男は英国出身の軍人「ポール・N・アントニオ」と名乗り、小崎容疑者に結婚をほのめかす内容や、病気の治療費や日本への旅費を求める内容のメッセージを送っていたという。男と容疑者に面識はなく、県警は「国際ロマンス詐欺」に遭った可能性があるとみて調べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事