土佐犬にかまれ男性死亡、兵庫 南あわじ市、犬舎で世話中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 26日午後8時40分ごろ、兵庫県南あわじ市松帆西路で、近くに住む無職福本勤さん(82)が「土佐犬にかまれた」と長男(55)から119番があった。福本さんは鉄製の犬舎の中で背中に血がにじんだ状態で倒れ、現場で死亡が確認された。かまれた痕があり、中にいた成犬の土佐犬1匹を世話中に襲われたとみられる。

 南あわじ署によると、福本さんは孫が飼っている3匹と、知人男性から預かった1匹の土佐犬に犬舎でえさを与えるなど世話していた。犬舎は7匹分のおりで区切られている。福本さんは知人から預かった土佐犬がいたおりで倒れ、他の土佐犬はそれぞれのおりにいた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事