横浜地検、会社員刺殺無罪で控訴 地裁の判決不服
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 横浜地検は13日、相模原市の路上で2017年に面識のない会社員松岡隆行さん=当時(60)=を刺殺したとして、殺人罪に問われた無職大石明彦被告(41)を無罪とした横浜地裁の裁判員裁判判決を不服として控訴した。

 5月31日の横浜地裁判決は、事件現場に残された被告の眼鏡などが犯行時に落としたものとは限らないなどとして、「事件と直接結び付ける事情はない」と指摘。検察側が被告を犯人と立証できていないと判断した。

 被告は17年12月12日夜、相模原市南区の路上で、松岡さんを自転車で追い抜く際にトラブルとなり、持っていた刃物で胸などを刺して殺害したとして起訴された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事