乗客輸送ミスで出発遅れ、愛知 中部空港、ジェットスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 愛知県常滑市の中部空港で29日、鹿児島行きのジェットスター・ジャパン便の乗客を誤って福岡行きの同社便にバスで輸送させたため、両便の出発時間が予定より約1時間~約1時間半遅れた。中部国際空港会社によると、輸送バスの行き先や、搭乗ゲートでの誘導を誤った可能性などがあるとみて原因を確認している。

 ジェットスターによると、鹿児島行きGK691便に客175人前後を乗せ、午前7時50分に出発する予定だったが、約1時間半遅れた。同8時5分発の福岡行きGK581便は乗客が約150人で、約1時間の遅れだった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事