災害5年、砂防ダム建設ほぼ完了 広島、「防災の手本」目指す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 広島市安佐南区の砂防ダム(上)=12日(共同通信社ヘリから)

 77人が犠牲となった2014年8月の広島市の土砂災害から20日で5年。国や広島県が優先的に進めてきた砂防ダムなどの建設工事は約97%が完了した。土砂崩れや崖崩れによる大きな被害が出た地域では、住民主体で「防災の手本」となる町づくりを目指した復興計画が進むが、自宅の全壊などで住民が戻らない空白地帯も生まれ、課題は残る。

 国と広島県は災害の約3カ月後、甚大な被害に遭った安佐北、安佐南両区の99カ所に砂防ダムなどを整備する計画を策定。本年度は計画の最終年度に当たる。県砂防課によると、7月末までに96カ所で工事が終了した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事