京アニ支援金、京都府の口座に 25億円超、被害者に分配へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件で、同社は21日までに、国内外から寄せられた支援金約25億8590万円を全額、京都府が設置した専用口座へ移管したと発表した。府は10月末まで受け入れを続ける他の義援金と併せ、被害者や遺族に分配する方針。配分を決める委員会を既に設置している。

 移管したのは20日。7月24日に支援金受付口座を開設していた同社は、公式ホームページで「多額の義援金をお寄せいただきましたことに対し厚く御礼を申し上げます」と表明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事