神戸いじめ被害教諭がメッセージ 児童へ「また元気になる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 神戸市立東須磨小でいじめ被害に遭った20代男性教諭が10日、代理人弁護士を通じて「急に先生が代わってごめんね。職員室が怖かった分、毎日子どもといる時間が幸せでたまらなかった。また元気になった姿を必ず見せに行きます」との、教え子らに向けたメッセージを公表した。関係者によると、来週にも兵庫県警に被害を届ける。

 男性教諭はメッセージで「『いじめられたら誰かに相談しなさい』と言っていた先生が助けを求められずに、体調を崩してしまいました」とつづった。その上で「今の先生だからこそ、お願いです。つらいとき、悲しいとき、抱え込まずに誰かに相談してください」と訴えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事