台風20号、21日に沖縄接近か 気象庁、注意呼び掛け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 強い台風20号は、沖縄の南を時速20キロで北北東へ進んだ。暴風域を伴って21日には沖縄や奄美地方に接近する恐れがあり、気象庁は20日、強風や高波、土砂災害や低い土地の浸水などに注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、20日午前9時現在、中心気圧は970ヘクトパスカル、最大風速は40メートル、最大瞬間風速55メートル。中心から半径70キロ以内は風速25メートル以上の暴風域となっている。

 21日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は沖縄20メートル(30メートル)、奄美地方17メートル(25メートル)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事