百十四銀の顧客情報名指しで要求 元行員の友人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 顧客情報の漏えいについて記者会見し、謝罪する百十四銀行の香川亮平取締役専務執行役員=31日午後、高松市

 百十四銀行(高松市)の元男性行員が友人に顧客情報を漏らした問題で、友人は顧客を名指しして情報を要求していたことが31日、分かった。百十四銀が明らかにした。顧客の一部は詐欺事件の被害に遭っている。標的を定め、情報入手を図った可能性がある。

 関係者によると、30代の元行員は東大阪支店(大阪府東大阪市)に勤めていた。友人も30代で、反社会的勢力の周辺にいる人物とみられる。

 百十四銀によると、情報は詐欺事件の犯人に渡り、顧客の1人はお金をだまし取られた。顧客自身が口座から預金を引き出し、犯人に渡した。元行員は顧客の氏名、預金残高、などを記した紙を提供していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事