孫揺さぶり死、無罪確定 69歳祖母、検察が上告断念
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 生後2カ月だった孫の女児を揺さぶって暴行し死亡させたとして、傷害致死罪に問われた祖母の山内泰子さん(69)を逆転無罪とした大阪高裁判決について、大阪高検は上告期限の8日、上告を断念することを明らかにした。無罪が確定した。

 2017年10月の一審判決は、孫に急性硬膜下血腫など「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」の兆候がみられたことから虐待と判断し、懲役5年6月を言い渡した。

 だが先月25日の高裁判決は「SBSの理論を単純に適用すると極めて機械的で画一的な事実認定を招く」と一審の判断を批判した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
全国ニュース > 社会の記事
 「ここさ来っと思い出してしまって…」。浸水した自宅のそばで見つかった、孫やかつての住まいが写る写真を手に涙を流す宮城県丸森町の八巻とくさん(82)。大切に育てた庭の花や木々、畑の作物も全て流された。2人きりで暮らす夫と片付け作業に追われる日々が続く。「夜、いろいろなことを考えてしまい眠れない。どこから手を付けていいのか、さっぱりだ」=11日午後
新着記事