男性遺体は失血死と判明、横須賀 殺人容疑、現場玄関は施錠
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 神奈川県横須賀市のマンション一室で7日、成人男性の遺体が見つかった事件で、県警は8日、司法解剖の結果、死因は胸を刃物で刺されたことによる失血死と発表した。殺人容疑で捜査している。

 県警によると、遺体はこの部屋に住む60代男性とみられる。同居の20代の息子と連絡が取れず、何らかの事情を知っているとみて、行方を捜している。

 遺体は上半身に十数カ所の傷があり、胸の傷は心臓に達していた。死後2週間前後が経過しているとみられる。現場の玄関が施錠されており、室内に目立った物色の跡がないことも判明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
全国ニュース > 社会の記事
 「ここさ来っと思い出してしまって…」。浸水した自宅のそばで見つかった、孫やかつての住まいが写る写真を手に涙を流す宮城県丸森町の八巻とくさん(82)。大切に育てた庭の花や木々、畑の作物も全て流された。2人きりで暮らす夫と片付け作業に追われる日々が続く。「夜、いろいろなことを考えてしまい眠れない。どこから手を付けていいのか、さっぱりだ」=11日午後
新着記事