令和の大嘗祭、皇居で重要祭祀 「政教分離違反」と批判も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「大嘗宮の儀」のため、皇居に向かわれる天皇陛下=14日午後4時34分、赤坂御所
 「大嘗宮の儀」のため、皇居に向かわれる天皇陛下=14日午後4時34分、赤坂御所 「悠紀殿供饌の儀」のため、薄明かりの中、祭服を着て大嘗宮の悠紀殿に向かわれる天皇陛下=14日午後6時35分、皇居・東御苑
 「大嘗宮の儀」のため、皇居に向かわれる天皇陛下=14日午後4時34分、赤坂御所 「悠紀殿供饌の儀」のため、薄明かりの中、祭服を着て大嘗宮の悠紀殿に向かわれる天皇陛下=14日午後6時35分、皇居・東御苑 「悠紀殿供饌の儀」のため、大嘗宮の帳殿に向かわれる皇后さま=14日午後6時34分、皇居・東御苑(代表撮影)

 皇位継承の重要祭祀「大嘗祭」の中心儀式「大嘗宮の儀」が14日夜~15日未明、皇居・東御苑に特設された大嘗宮で、公的な皇室行事として営まれた。即位した天皇が五穀豊穣や国の安寧を祈る儀式で、「秘事」とされる。14日夜の「悠紀殿供饌の儀」と、15日未明の「主基殿供饌の儀」が挙行された。

 神道形式の大嘗祭に対する公費支出を巡っては、1990年に催された前回から、憲法の政教分離原則に反するとの批判が根強いが、政府は令和の今回も公的性格を認め、費用は皇室の公的活動費「宮廷費」を充てた。総額約24億4千万円となる見通し。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事