未解決5事件の公的懸賞金を延長 警察庁、世田谷一家4人殺害など
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 警察庁は7日、2000年の大みそかに発覚した東京都世田谷区の宮沢みきおさん=当時(44)=一家殺害など未解決の5事件で、解決につながる重要情報の提供者に支払う公的懸賞金(捜査特別報奨金)の受付期間を来年12月まで1年間延長することを決めた。上限は原則300万円。

 社会的反響が大きい重要事件が対象。他に延長が決まったのは、愛知県豊田市の女子高校生=当時(15)=強盗殺人(08年発生)、京都市左京区の男子大学生=同(20)=殺害(07年)、石川県加賀市のコンビニ店長=同(68)=強盗殺人(10年)、神戸市北区の男子高校生=同(16)=殺害(10年)の4事件。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事