宮城・亘理町役場が再建 地震で損壊、8年余り仮設で執務
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 再建された宮城県亘理町役場の内覧会に訪れた町民ら=15日

 東日本大震災で被災した宮城県亘理町の役場庁舎が再建され、町は15日、町民向けの内覧会を開いた。来年1月6日に開庁する。旧庁舎は津波を免れたが地震で損壊し、その後解体。町は同じ場所で2011年4月から分庁舎やプレハブ仮設庁舎で執務してきた。

 3階建ての新庁舎と併設の保健福祉センターは旧庁舎の東約1・5キロの町中央部に11月完成した。複数の棟に分散している各部署を集約し、太陽光パネルや災害時に3日分の電力を賄う自家発電設備を備える。

 県によると、震災で必要になった県内自治体の庁舎の建て替えは、これで全て完了した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事