ハワイ沖でヨット消息不明 邦人男性ら3人乗船
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 第1管区海上保安本部(北海道小樽市)は27日、米ハワイの北西沖約1500キロの海上で日本籍のヨットが消息を絶ったと、米沿岸警備隊から通報があったことを明らかにした。1管によるとヨットは「COCO HAZ3」(8・5トン)で、船長ら米国人2人と、神戸市在住の炭山純さん(57)が乗船。沿岸警備隊が周辺を捜索している。

 1管によると、ヨットは11月25日に姫路港(兵庫県)を出港してハワイを目指したが、今月20日(現地時間)に「マストが折れた」と関係者に連絡があった。翌21日の連絡を最後に消息不明となり、その後、この関係者が沿岸警備隊に救助を要請した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事